【男性不妊】にオススメのツボトレ!(3)

不妊鍼灸.net へようこそ

【男性不妊】にオススメのツボトレ!(3)

2017-05-12

こんにちは!

男性不妊担当の万木祥太郎です。

あっという間のゴールデンウィークでしたね。
間に2日間有休を取れれば最大9連休の大型休暇だっということで
海外旅行など楽しまれた方も多いのではないでしょうか。

今週は休日モードからお仕事モードに切り替えるのに
心身とも大変だったという方もいらっしゃると思います。

ということで、今回のメルマガは
そんなGW明けにも男性不妊にもぴったりな
『男性不妊にオススメのツボトレ!』シリーズ第3弾です!

今回ご紹介するのは【太衝(たいしょう)】というツボです。

前回までは、
東洋医学的に生殖力を担当する腎臓を元気にするツボを
紹介してきたのですが
今回は、腎臓ではなく肝臓を元気にするツボです。

場所は、足の親指と人差し指の付け根、両方の指の骨が交わる手前の凹みです。

押さえると少し響く感じがあるかと思いまが
押さえた時の痛みがきつい!という方、
ちょっとがんばりすぎだったり、ストレスが溜まっているサインかも
しれませんよ。

東洋医学的に肝臓の働きはというと
簡単に言うと
血を蓄え、気を巡らせることです。

また、肝臓の経絡(けいらく)は、生殖器をまとっています。

そして【太衝】は、
肝臓の経絡の中でも原穴といって、
肝臓の原気(≒元気)を助けるのに効果的なツボです。

もしかすると
「血」と「生殖器」、「男性不妊」
というキーワードでピントきた方もいらっしゃるかもしれませんが
【太衝】は、「勃起障害」に有効なツボのひとつです。

男性器は、勃起するために大量の血を必要とします。

そして、その血を蓄えるのにも
情動(興奮)によって血を生殖器に巡らせるのも
東洋医学的には、肝臓の働きが関係しています。

勃起障害は、厳密には男性不妊というわけではないのですが
東洋医学的には、このように肝臓の働きがとても大切で
その改善に有効なのが【太衝】なのです。

また、
GW後に悩まされることといえば五月病。

どこかやる気が起きなかったり、
訳もなく焦ったり、
鬱っぽくなったり、
ひどくなると不眠や食欲不振などの症状が出てくることもあります。

こういった五月病の諸々は
東洋医学的には、気のめぐりの停滞などに原因があることが多いです。

気のめぐりといえば、これまた肝臓です。

東洋医学では
肝臓は、精神的な影響を受けやすいところで
ストレスなどで肝臓が弱ってしまうと
気が高ぶってしまったり、
気のめぐりが停滞してしまったりしてしまいます。

最初に【太衝】を押さえた時に痛みがある方は
がんばりすぎだったり、ストレスがあるかもとお伝えしたのは
このためです。

特にこの時期、
GWだけでなく、4月からの仕事や生活環境の変化などから
肝臓に疲れが溜まってしまい
気のめぐりが悪くなったり偏ってしまうことで
こういった五月病のような状態になってしまいます。

さらに、
この状態が続くことで勃起障害や射精障害、性欲の減少といった
東洋医学的に肝臓と関係する症状が出てきてしまうことにも
つながってしまうのです。

妊活中のご夫婦にとっては
大きな悩みの種になってしまいます。

【太衝】は、こういう時におすすめのツボです。

ですので、GW明けのこの時期は
【太衝】へのお灸など、セルフケアで肝臓を健やかにして
気のめぐりを整えていきましょう!

また、
適度な運動、気分転換、ストレス発散なども
気のめぐりを良くするのに効果的です。

男性不妊、そして五月病の予防や改善のためにも
このようにして、よりいっそう
気のめぐりを良くしていくことが大切ですよ(^^)

ということで、
今回は肝臓を元気にするツボ【太衝】を紹介させていただきました。

ツボのもっと分かりやすい場所は
明後日の馬場聖鍼堂の男性不妊ブログで写真付きでご紹介させていただきますので
こちらもぜひ、ご覧下さい。

馬場聖鍼堂の男性不妊ブログはコチラです。
http://www.e-harikyuu.com/page/blog/male-infertility/

では、今回はこのへんで。

次回は岡井先生が担当です。
どうぞお楽しみに!


無料メールマガジン「鍼灸・漢方で不妊治療!」






コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME